モデルナのワクチンに混入の異物とは?製造販売元はスペインのロビ?

エンタメ
スポンサーリンク

モデルナ社の未使用コロナワクチンに異物混入の恐れがあることが報じられました。

この記事では

モデルナのワクチンの異物混入疑いロット番号は?

モデルナのワクチンに混入の異物とは?

モデルナのワクチンの製造販売元は?

モデルナワクチン7月に生産の遅れが出ていた?!

 

についてまとめました。

スポンサーリンク

モデルナのワクチンの異物混入疑いロット番号は?

モデルナのワクチンの異物混入疑いロット番号はこちらです。

接種済みの方は「接種済み証」を見ると確認できるようです!

 

 

ツイッター上では接種済みの方でロット番号が該当していたという方もいらっしゃいました。

厚生労働省によると、

異物が混入したとされるワクチンのロット番号の一部は既に接種に使用されているが

今のところ健康被害は報告されていない

とのことですが・・

心配になってしまいますよね。

厚生労働省は、すでに接種を受けた人で体調に異変がある場合は、

▽かかりつけ医に相談するか、
▽武田薬品工業のコールセンターなどに連絡してほしいとしています。

「Sponsord Links」

モデルナのワクチンに混入の異物とは?

異物っていったい何が混入してたの?!ということがまず気になるところですよね。

まだ、その異物の詳細は明らかになっていないのですが

日本で流通しているワクチンのうち1つの製造ロットに、粒子状物質が混入しているとの報告が複数寄せられているとのこと。

粒子状物質とは?

固体又は液体の粒子。大気汚染防止法においては、自動車排出ガスの項目として粒子状物質が指定されており、ディーゼル自動車からの排出ガスに対して排出許容限度が定められている。粒子状物質のうち、10μm以下のものを浮遊粒子状物質という。また、粒子の生成過程により一次粒子と二次粒子に区分することができる。

一次粒子
発生源から直接粒子として大気中に排出される粒子。
二次粒子
硫黄酸化物などのガス状物質として排出されたものが大気中で光化学反応などにより粒子に変化したもの。
PM2.5

環境再生保全機構

 

異物発覚の経緯としては、ワクチンを接種する医療従事者が接種準備時、

「バイアル(瓶)内に異物を発見した」という可能性が高いようです。

各接種会場では、ワクチンの小瓶に異物混入していないかを確認後に接種する決まりになっています。

今回の異物はその段階で見つかっているため、異物入りのワクチンを打った人は確認されていないと

厚生労働省は発表をしています。

異物の推測としては下記のようなものがあります。

(1) 製造時に医薬品に混入した固形物 (2) バイアル瓶に残っていた固形物(ほこり)(3) 注射液を吸い取るときの注射器の操作により、差し込む部分からはく離した「ゴム」

目視で「異物」とはっきりわかるものであることから、おそらく「何らかの固形物」でしょう。

newspicks

 

異物が何であるのかは調査中ですが、ゴム片が混入した例が海外で報告されているということです。厚労省は、「製造過程で、ワクチンの小瓶に、ゴムの栓をとりつける際に、ゴムのかけらが入り込むことは、ほかのワクチンでも報告されている」と述べ、仮にゴム栓の場合、滅菌されている上、このワクチンは、静脈ではなく筋肉に打つため、異物で血管がつまるリスクはないと考えられると説明しています。

日テレ

ゴム片の混入は海外で確認されているようですね。

ゴムの場合であれば健康被害にはならないとされています。

モデルナワクチンの製造販売元は?

米モデルナ社のワクチンは充填や仕上げなどの工程を国外に委託しています。

その委託先は

スペインの製薬会社ラボラトリオス・ファルマセウティコス・ロビです。

恐らくスペインロビ社の委託製造施設の生産ラインに問題があった可能性が高いと言われています。

モデルナワクチン7月中に生産に遅れが出ていた?

モデルナの新型コロナワクチン、米国外での提携先で生産に遅れ

モデルナは新型コロナウイルスワクチン生産の国外提携先で遅れが生じていることを明らかにした。ここ数日間に臨床試験で問題が起きたためだという。

韓国の金富謙(キム・ブギョム)首相が、生産に問題があったためワクチン供給のスケジュール調整が「余儀なくされる」と、モデルナから同国に対して通知があったことを明らかにしていた。

引用:Bloomberg

7月末、米モデルナは新型コロナウイルスワクチン生産の国外提携先で遅れが生じていることを明らかにしていました。

ここ数日間に臨床試験で問題が起きたためだといいます。

モデルナは問題が起きた工場名は明らかにしていませんでしたが

同社がワクチン生産で提携する国外企業には、

スイスのロンザ・グループとスペインのラボラトリオス・ファルマセウティコス・ロビが含まれていました。

この問題というのも、何であったのか気になりますね。

まとめ

お読みいただきありがとうございました!

引き続き追記していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました